SSL 3.0 の脆弱性対策について

 インターネットの暗号化方式 「SSL3.0」において、暗号化されている通信内容が漏洩する脆弱性があると報じられました。
(詳細は情報処理推進機構の「SSL 3.0 の脆弱性対策について」をご覧下さい)。

 京成バラ園芸のウェブサイトでは、暗号化通信を使用するページについて、SSL3.0の使用を無効にし「TLS」だけを通信に用いる設定にいたしました。
これに伴い、一部のブラウザー(Intenet Explorerなど)でページアクセスできない場合が発生しております。
アクセスできない場合は、「インターネットオプション」の設定変更をお願いいたします。

●Intenet Explorerブラウザーの設定例
・スタートメニューよりコントロールパネル を起動します。
・一覧が表示されますので、 [インターネット オプション] をクリックします。

※ 画面内に [インターネット オプション] アイコンが見当たらない場合は、画面右上の「表示方法」から「大きいアイコン」もしくは「小さいアイコン」を選択して確認してください。

・「インターネット オプション」のウインドウの上部にあるタブの中から「詳細設定」をクリックする。
・「設定」に表示された項目のうち「セキュリティ」のブロックが表示されるまでスクロールする。

・「SSL 2.0を使用する」と「SSL 3.0を使用する」のチェックを外し、「TLS1.0を使用する」「TLS 1.1の使用」「TLS 1.2の使用」の3カ所にチェックを入れる。
・「OK」をクリックする。